代表紹介


特定非営利活動法人ナルミーランド
理事長 工藤 成美 (Narumi Kudo)


略歴

7歳:うつを発症
13歳:いじめや集団暴行、国際差別を受ける・薬物やシンナー、アルコール、恋愛への依存・窃盗症・売春・刺青
16歳:パワハラを受ける・強迫観念、強迫行為
20歳:うつ病の診断・処方薬依存・重度の恋愛依存
23歳:自殺未遂・精神科閉鎖病棟へ入院・統合失調症の診断・拒食・過食・自傷行為
24歳:広汎性発達障害(アスペルガー症候群)、双極性障害の診断
25歳:自殺未遂・引きこもり
26歳:結婚、心身の快復・任意団体「うつカウンセリング心の部屋」を設立
28歳:特定非営利活動法人ナルミーランドを設立



詳細な生い立ち・快復のきっかけ・活動を始めた想い・現在、これから


■闘病生活のはじまり

1990年1月生まれ、宮崎県延岡市出身のアジア系クオーター
小学校へ入学と同時に、人の気持ちが分からず集団行動ができない精神的ストレスから大暴れをする日々。
「わがままな子、問題児」の烙印を押され続け、原因の分からない生きづらさから、7歳でうつを発症し、徐々に身体症状が現れる。

■居場所を求めた思春期

中学時代、上級生から、悪質ないじめや集団暴行、国際差別を受け、不登校になる。
家出をし、自分の安心できる居場所を求め、夜の世界に染まる。
薬物やシンナー、アルコール、恋愛への依存・窃盗症・売春・刺青を繰り返す。
行き場のない怒りや悲しみ、生きづらさから、自身の感情をコントロール出来ず、家族へ暴力・刃物を向け、機能不全家族に陥る。

■違和感を覚えた社会人

15歳、夜の世界から足を洗い、更生、中学卒業後に飲食店へ就職する。
上司から毎日のように暴力や暴言のパワハラを受け、日常生活に支障をきたすほどの強迫観念・脅迫行為を繰り返すも、二面の顔を持ち、人前では元気で明るい自分を演じ続ける。
自身の精神状態に違和感を感じ、地元の病院をいくつも受診するも、社会生活が送れていたことから”異常なし”との診断を受け続け、「自分はおかしい人間だ」と自責の念に駆られる。

■心のクリニックの受診

20歳、東京へ上京し、ホステスとして接客を学ぶ。
知人の紹介をきっかけに心のクリニックの受診を決意し、ドクターからうつ病の診断を受け、自分は精神障害を抱えていることを知る。
しかし、自分自身の取り扱い方が分からず、多量の処方薬依存・孤独感から重度の恋愛依存に陥る。

■生きづらさの限界・自殺未遂

22歳、介護職へ転職するも、精神障害を抱えた自分自身を恥じる気持ちから、クローズで働く。
23歳、人間関係や仕事のストレスから、水分も受け付けないほどの拒食が続く。
味覚も次第に感じられなくなり砂を食べている感覚から、嚥下困難・嘔吐を繰り返す。
幻覚や幻聴、被害妄想の症状・全身が重りのようで自由に歩くことも、寝返りをうつことすらできず、植物状態の重度のうつに陥る。
長年のうつ症状の限界、「生まれてこなければよかった・・・」と感じながら生きる毎日に疲れ果て、自殺未遂をする。
救急搬送され、地元の精神科閉鎖病棟へ入院・統合失調症の診断を受ける。
排泄行為もままならず、車いす生活で看護師の介助を受けるも、人権を尊重してもらえず惨めな日々を送る。
同時期に、有料カウンセラーから金銭的・精神的な裏切りを受け、高額なカウンセリングの現実を思い知らされる。
その後、退院し再就職するも、孤独感や絶望感に度々襲われ、自傷行為として全身に刺青を入れ、過食、オーバードーズを繰り返す。

■生きづらさの原因を知り、自分を認めた24歳

24歳、広汎性発達障害(アスペルガー症候群)、双極性障害の診断を受け、生きづらさの根本的原因を知り、安堵感を覚える。
同時に、自分の考え方の癖や決まり・常識が自責の念に陥らせていたことに気付き、自分の人生ならば自分が主人公であるように、自身を愛してあげようと決める。
うつ病を治すのではなく、「共に付き合っていく」と考え方を変え、「頑張らない」ことにし、過去の自分も今の自分も許してあげることが出来るようになり、精神状態が快方へと向かう。
療養のため、1度目の生活保護を受給。

■信頼の重さを感じた25歳

25歳、当時の婚約者と共に飲食店を経営する。
精神障害を抱えながらも社会復帰を目指す方々を応援するため、就労移行支援事業所を通じて積極的に受け入れを行う。
しかし、婚約者からDVを受ける日々に、重度のうつを再び発症。
婚約者が従業員に暴行、現行犯逮捕される。
同時に、10年間の刑務所生活・前科が何犯もある事実を知る。
人に対する恐怖や人間不信から引きこもりとなり、経営の困難・飲食店をたたむ。
多額の借金だけを背負い、婚約者から逃げるように県外へ引っ越しをする。
信頼を裏切られた代償は大きく、2度目の自殺未遂をする。
重度のうつ症状、悪夢で精神不安定が続き、介助なしでは外出もままならず、2度目の生活保護を受給。

■任意団体「うつカウンセリング心の部屋」の設立

26歳、現在の主人との出逢い、全ての過去を受け入れてもらえ、結婚。
心身が快復、社会復帰し、借金を完済する。
約20年間のうつ病を乗り越えた今、闘病時、「生きてるだけでいい」と身近で無条件に心から寄り添ってくれる人がいなかったこと、必要な時に高額なカウンセリング料を支払うことができなかったことをきっかけに、当時の私のように悩み苦しむ方々へメッセージを伝えていきたいと感じ、心理学を学び、様々な資格を取得・2016年から個人で任意団体を立ち上げ、無料相談活動を始める。
また、精神障害を抱えている方々に限ることなく、耳が聴こえない・しゃべれない方々の心の悩み相談もお受けできるように、生まれつき耳の聴こえない聴覚障害者の講師から手話を約2年以上教わり、実際の社会生活の中で活かせる様々なコミュニケーション方法を学ぶ。

■特定非営利活動法人「ナルミーランド」を設立

うつ病を経験したカウンセラーや、様々な分野に長けたスペシャリストの協力を得て、2018年に特定非営利活動法人(NPO法人)ナルミーランドを設立。
自身の出身地であり、国内最高クラスの大自然がある、宮崎県延岡市に、利用者一人ひとりの心の自立を目指す、シェアハウスのような社会復帰支援施設ナルミーランドを創設することを目標とし、日々、ご相談者と向き合っている。


保持資格

うつ病アドバイザー、行動心理士、上級心理カウンセラー、心理カウンセリング1級、コーチング1級、発達障害コミュニケーション初級指導者、青少年ケアストレスカウンセラー、高齢者ケアストレスカウンセラー、企業中間管理職ケアストレスカウンセラー、ピアカウンセラー、医療事務管理士、調剤事務管理士、ホームヘルパー2級、食品衛生責任者、その他多数


聴覚障害者の方へ

理事長 工藤は、精神障害を抱えている方々に限ることなく、耳が聴こえない・しゃべれない方々の心の悩み相談もお受けできるように、生まれつき耳の聴こえない聴覚障害者の講師から手話を約2年以上教わり、実際の社会生活の中で活かせる様々なコミュニケーション方法を学びました。
講師から、耳の聴こえない・しゃべれない方々は、コミュニケーションをとる方法を限定されるため、孤立感から、心の病を抱えやすいということを聞きました。
現在も身近に、聴覚障害を持つ知人がいるため、ゆっくりであれば日常会話を手話や口話、指文字、筆談でお話ができます。
安心してご相談・お問い合わせください。